聖火ルートに双葉町追加へ 復興五輪、第1原発立地

共同通信 / 2020年1月18日 6時2分

 東京電力福島第1原発事故による全町避難が続く福島県双葉町の双葉駅周辺などの避難指示が3月4日に解除されることが決まり、同町が新たに東京五輪の聖火リレーのルートに組み込まれる見通しであることが17日、複数の関係者への取材で分かった。県の実行委員会が近く追加方針を固め、大会組織委員会に提案する方向で最終調整しており、組織委は了承するとみられる。

 第1原発が立地し、全町避難が唯一継続する双葉町にも聖火が通ることで、福島県としては原発事故から復興が一歩ずつ進んでいることを国内外にアピールする機会にもなりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング