関東甲信で大雪の恐れ 交通障害に警戒を

共同通信 / 2020年1月26日 20時35分

気象庁

 関東甲信は27日昼すぎから28日にかけて山沿いを中心に大雪となり、平野部でも積雪となる地域があるとして、気象庁は26日、大雪による交通障害などに警戒を呼び掛けた。予想より気温が低くなった場合は山沿いを中心に警報級の大雪となる恐れがあるとしている。

 気象庁によると、27日から28日にかけて日本の南海上に前線が停滞し、前線上の低気圧が西日本の南岸をゆっくり東へ進む見込み。また関東甲信の上空約1500メートルには氷点下3度以下の寒気が流れ込むとみられる。

 大雪による交通障害のほか、ビニールハウスやカーポートが倒壊の恐れがある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング