<あのころ>焦土の青空理髪店 バリカン1本で立ち上がる

共同通信 / 2020年4月23日 8時0分

1945(昭和20)年4月23日、米爆撃機が投下した焼夷(しょうい)弾により焼け野原となった住宅街でバリカンを走らせる青空理髪店。いすと鏡とバリカンさえあればと、焦土からたくましく立ち上がり開業した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング