「無神経の極み」と批判 五輪日程発表で米紙

共同通信 / 2020年3月31日 8時51分

「TOKYO 2021」とウイルスのイラストをもじった画面と五輪のロゴ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】30日の米紙USAトゥデー(電子版)は、東京五輪の新たな大会日程が発表されたことについて「無神経の極みだ」と国際オリンピック委員会(IOC)を批判した。

 同紙の運動担当コラムニストは「世界中が疫病と死と絶望に包まれている時に、なぜ日程を発表する必要があるのか」と指摘。「せめて暗いトンネルを抜けて光が見える時まで待てなかったのか」と述べ、新型コロナウイルス感染の状況改善を待つべきだったとした。

 さらに来年7月に感染が終息している保証はないとして、発表が拙速だったと主張した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング