熊本県と福岡市「訪問自粛を」 東京など感染地域に

共同通信 / 2020年3月31日 19時14分

 熊本県の蒲島郁夫知事は31日記者会見し、新型コロナの感染拡大を防ぐため、必要不可欠な場合を除き、東京都など感染が広がっている地域への訪問を自粛するよう県民に呼び掛けた。「感染の経過を見ると、海外や大都市から帰ってきた人が多い。最優先は拡大防止だ」と述べた。

 また、福岡市の高島宗一郎市長も31日、当面の間、関東・関西や海外への不要不急の移動を自粛するよう呼び掛けた。市内の感染者には、1~2週間以内に東京や海外に滞在した人が多く含まれている。

 九州では、佐賀県の山口祥義知事も30日、首都圏や関西のほか、福岡・大分・熊本3県への移動自粛を県民に要請している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング