3月輸出、コロナで11.7%減 3年8カ月ぶり下げ幅、長期化も

共同通信 / 2020年4月20日 11時34分

輸出を待つ自動車=川崎市、2018年8月撮影

 財務省が20日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、3月の輸出は前年同月比11.7%減の6兆3579億円だった。新型コロナウイルスの世界的な大流行で、経済活動が抑制されたためで、特に米国への自動車などの輸出が大きく減った。下げ幅は、英国のEU離脱問題など海外経済の不透明感から円高が進んだ2016年7月以来、3年8カ月ぶりの大きさだった。感染終息が見通せない中、世界的な貿易の収縮が止まらず、影響の長期化が懸念される。

 世界全体からの輸入は5.0%減の6兆3529億円。原油価格の下落などで液化天然ガス(LNG)や石炭が減少した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング