三陽商会、米投資会社案を否決 株主総会で中山社長の取締役再任

共同通信 / 2020年5月26日 11時27分

三陽商会株主総会の会場の入り口=26日午前、東京都内

 アパレル大手の三陽商会は26日、東京都内で定時株主総会を開いた。中山雅之社長の取締役再任などを求めた会社提案を承認し、約6%の株式を持つ米投資会社RMBキャピタルが株主提案した7人の取締役選任を否決した。RMBは事業立て直しに失敗したとして中山氏再任に反対し、他の株主にも反対を呼び掛けたが、不発に終わった。

 会社側は中山氏の取締役再任や、スポーツ用品大手ゴールドウイン出身の大江伸治副社長の取締役就任などを提案していた。総会後に中山氏は副社長に退き、大江氏が社長に昇格する。

 三陽商会は2015年に英高級ブランド「バーバリー」の販売契約終了以降、業績が低迷。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング