SNS投稿者情報開示、迅速化へ 法務省が中傷対策検討チーム

共同通信 / 2020年6月2日 16時30分

 法務省は2日、会員制交流サイト(SNS)で相次ぐ誹謗中傷対策を検討するプロジェクトチーム(PT)を立ち上げたと発表した。総務省など関係省庁と連携し、投稿者情報を開示させる民事手続きの迅速化を図る。設置は1日付。

 SNS上の中傷は後を絶たず、悩まされていた女子プロレスラー木村花さん(22)が5月23日に死去し、社会問題として議論となっている。森雅子法相は2日の記者会見で「誹謗中傷の書き込みは取り返しのつかない重大な人権侵害につながり、決してあってはならない」と語った。

 PTでは刑事罰の在り方も検討する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング