原発避難、東電に賠償命令 国責任認めず、福岡地裁判決

共同通信 / 2020年6月24日 18時47分

福岡地裁に向かう原告団=24日午後、福岡市

 東京電力福島第1原発事故で、福島県や首都圏などから福岡、佐賀、熊本、鹿児島の4県に避難した18世帯53人が、東電と国に計2億9700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は24日、福島県内からの避難者7世帯24人に対し計約490万円を支払うよう東電に命じた。国への請求は棄却した。

 避難者による全国約30件の集団訴訟で16件目となる一審判決で、九州では初めて。これまでの15件と同様、東電に賠償を命じた。国が被告となった12件のうち、国の責任を認めなかったのは5件目になる。原告側は不服として控訴する方針。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング