政府、氷河期世代450人超採用 3年間で国家公務員、中途で

共同通信 / 2020年6月29日 20時20分

 政府は29日、バブル崩壊後に就職難だった30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」に関し、2020~22年度に毎年度150人以上、3年間で計450人以上を国家公務員として中途採用する方針を明らかにした。この日開かれた氷河期世代を支援する有識者らの会議で示された。人事院が統一採用試験を実施する。

 就職氷河期世代の採用を巡っては、統一試験とは別に昨年度実施した試験で内閣府が4人、厚生労働省が16人を採用した。

 政府は、今後3年間で氷河期世代の正規雇用を30万人増やす計画を掲げているが、新型コロナウイルスの感染拡大により、雇用情勢は厳しくなっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング