暴力団の菓子配りに罰則、兵庫 山口組ハロウィーン催し、全国初

共同通信 / 2020年7月9日 16時27分

住民らを総本部の敷地内に招き入れる山口組関係者(奥)=2018年10月、神戸市

 兵庫県警は9日、暴力団が子どもに金品を渡す行為を処罰するため、県暴力団排除条例の改正案を9月の県議会に提出する方針を明らかにした。特定抗争指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)が毎年10月末のハロウィーンで菓子を配る催しが問題になっていた。こうした行為に罰則を設けるのは全国初。

 県警によると、改正案では暴力団の活動として組員が18歳未満に金品を渡すことを禁じ、県公安委員会が組員や組代表者に再発防止を命じることが可能になる。命令に違反すれば6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング