罰則強化、ながら運転事故が半減 警察庁「啓発進める」

共同通信 / 2020年7月16日 18時29分

 スマートフォンなどを操作しながら車を走行させる「ながら運転」による交通事故は、罰則が強化された昨年12月から今年5月までに645件で前年同期(1303件)に比べ50.5%減ったことが16日、警察庁の集計で分かった。

 警察の取り締まり件数は14万6145件で、前年同期(37万9152件)に比べ61.5%減少。警察庁の担当者は「罰則強化により事故が減少していると評価できるが、死亡事故も起きている。取り締まりや啓発をより進めたい」と述べた。

 警察庁によると、645件のうち死亡事故は8件(前年同期比9件減)、重傷事故は60件(24件減)だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング