八王子の発砲自殺「外交官だった父の拳銃」

共同通信 / 2020年7月31日 11時39分

 東京都八王子市で高校1年の男子生徒(15)が拳銃で自殺したとみられる事件で、生徒の母親が「外交官だった父親の銃だと思う」という趣旨の話をしていることが31日、捜査関係者への取材で分かった。父親は病死している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング