サケ捕獲権確認求め提訴、北海道 浦幌町のアイヌ民族団体

共同通信 / 2020年8月17日 13時31分

札幌地裁に提訴に向かう、アイヌ民族の団体「ラポロアイヌネイション」の関係者=17日午後

 北海道浦幌町のアイヌ民族の団体「ラポロアイヌネイション」(旧・浦幌アイヌ協会)は17日、河川での経済的なサケ捕獲は先住民族の集団が持つ権利「先住権」だとして、これを禁じた法律や規則が適用されないことの確認を国と道に求めて札幌地裁に提訴した。アイヌが先住権の確認を求める訴訟は初めて。

 訴状によると、ラポロアイヌネイションは浦幌十勝川周辺に江戸時代から存在した各コタン(地域集団)の構成員の子孫らの団体。明治政府に禁じられるまで生活のために漁をしていたコタンから、サケ捕獲権を引き継いでいるとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング