コロナ中の原発事故想定し訓練 福井県おおい町

共同通信 / 2020年8月27日 10時55分

新型コロナウイルス流行中の原発事故を想定した訓練で、一時集合施設の受付で検温を受ける人たち=27日午前、福井県おおい町

 福井県は27日、新型コロナ流行中に、関西電力大飯原発(おおい町)と高浜原発(高浜町)で同時に事故が起きたと想定し、住民避難や屋内退避の訓練をした。原発の立地するおおい町大島地区の住民らが、同県敦賀市の施設まで避難。県によると、新型コロナ対策と原発の半径30キロ圏外への広域避難を並行した事故訓練は全国初という。

 訓練には大島地区の住民やおおい町内の他地区の区長ら約50人が参加。同町の一時集合施設では受付で検温し、感染の疑いがある人と濃厚接触者の部屋や行動範囲を分離する手順を確認した。施設近くの駐車場では、避難バスの座席をシートで覆うなどの感染対策を取った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング