米男子ゴルフ、松山1打差の3位 BMW選手権第2日

共同通信 / 2020年8月29日 9時47分

第2ラウンド、16番でティーショットを放つ松山英樹。通算イーブンパー=オリンピアフィールズCC(共同)

 【オリンピアフィールズ(米イリノイ州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、BMW選手権は28日、イリノイ州オリンピアフィールズのオリンピアフィールズCC(パー70)で第2ラウンドが行われ、首位で出た松山英樹は1バーディー、4ボギーの73と伸ばせず、通算イーブンパーの140で3位に後退した。首位とは1打差。

 ロリー・マキロイ(英国)とパトリック・カントレー(米国)が通算1アンダーでトップ。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)は松山と同じ3位。タイガー・ウッズ(米国)は通算8オーバーで55位。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング