朝乃山は2キロ増の174キロ 関取最軽量は炎鵬の92キロ

共同通信 / 2020年8月31日 6時0分

 日本相撲協会は31日、大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)に向けて関取衆の体重を発表し、大関朝乃山は中止となった5月の夏場所前に公表された前回から2キロ増えて174キロだった。通常、体重を測定する力士会が新型コロナウイルスの影響で実施されないため、8月の健康診断での結果が反映された。

 2横綱は白鵬が151キロ、鶴竜は155キロ。大関貴景勝は14キロ増えて183キロとなった。関取最軽量は平幕炎鵬で4キロ減の92キロだった。最重量は再入幕の逸ノ城の198キロ。幕内平均は156.9キロだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング