元関電会長、訴訟で同社に圧力か 弁護士の解任求めたと問題視

共同通信 / 2020年8月31日 12時40分

森詳介氏

 関西電力の金品受領問題を巡り、関電が旧経営陣5人に計約19億円の損害賠償を求めている訴訟で、被告の森詳介元会長が現取締役に直接電話し関電側代理人弁護士2人の解任を求めたとして、関電側が「圧力をかけてくることは極めて異常」と問題視する書面を大阪地裁に提出していたことが31日、分かった。

 関電は6月16日に森氏ら5人に賠償を求め提訴した。関電側書面や関係者によると、森氏は7月13日、社外取締役と監査委員長を務める友野宏氏に電話。「取締役責任調査委員会」の委員だった弁護士2人を、訴訟代理人としたことに関し、不当だとして「訴訟却下を申し入れる」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング