ビオラ部門で日本勢が上位独占 声楽も1位、ブラームス国際

共同通信 / 2020年9月6日 10時6分

ヨハネス・ブラームス国際コンクールのビオラ部門で1位になった近衛剛大さん(中央)、2位の有冨萌々子さん(左)、3位の湯浅江美子さん=5日、オーストリア・ペルチャッハ(有冨さん提供・共同)

 【ウィーン共同】オーストリア南部ウェルター湖畔で5日、ヨハネス・ブラームス国際コンクールのビオラ部門の決勝があり、主催者によると近衛剛大さん(22)=オランダ在住=が1位となり、3位までを日本勢が独占した。4日の声楽部門では森野美咲さん(31)=岡山市出身、ウィーン在住=が1位に輝いた。

 森野さんと岡山城東高の同級生で、伴奏を務めた木口雄人さん(31)=岡山県高梁市出身、ウィーン在住=も最優秀ピアノ伴奏賞を受賞。新型コロナの影響で音楽活動は困難を強いられているが、森野さんは「久しぶりに観客の前で歌えた。同級生と受賞できたのも、とてもうれしい」と話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング