錦織圭、復帰戦を飾れず 西岡良仁も敗退、ジェネラリOP

共同通信 / 2020年9月9日 7時53分

男子テニスのジェネラリ・オープンのシングルス1回戦に出場し、約1年ぶりに実戦復帰した錦織圭=キッツビューエル(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】男子テニスのジェネラリ・オープンは8日、オーストリアのキッツビューエルで行われ、昨年10月の右肘手術を経て約1年ぶりの実戦となった世界ランキング34位の錦織圭(日清食品)は同47位で21歳のミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)に6―4、4―6、2―6で逆転負けし、復帰戦を白星で飾れなかった。

 錦織は8月のツアー大会直前に新型コロナウイルス感染が判明。開催中の全米オープンを含む2大会を欠場し、復帰がずれ込んでいた。

 西岡良仁(ミキハウス)は1回戦で第7シードのギド・ペラ(アルゼンチン)に3―6、0―6で敗れた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング