慰安婦団体前代表を起訴 韓国検察、不正会計疑惑

共同通信 / 2020年9月14日 16時43分

ソウルの日本大使館前で日本政府に抗議する集会に参加する尹美香氏(中央)。手前は従軍慰安婦問題を象徴する少女像=3月(共同)

 【ソウル共同】韓国検察は14日、不正会計疑惑が持たれている元従軍慰安婦らの支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前代表、尹美香国会議員(55)を業務上横領罪などで在宅起訴したと発表した。

 尹氏に絡む疑惑は、長年活動を共にした元慰安婦の李容洙さん(91)が寄付金の使い道に異議を唱えたことをきっかけに浮上。尹氏は5月下旬の記者会見で疑惑を全面的に否定していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング