海水浴場でグランピング、和歌山 那智勝浦、キャンドルに点灯

共同通信 / 2020年9月26日 23時18分

芝生がある海岸に設置されたテント前で、キャンドルに火をともす地元住民ら=26日夕、和歌山県那智勝浦町

 和歌山県那智勝浦町の海水浴場「ブルービーチ那智」で26日、豪華テントに宿泊しながら海岸の自然を満喫できるグランピング施設や、野外カフェなどを設置したエリアがオープンし、地元住民らがキャンドルに点灯するイベントが開かれた。

 今年4月に発足した「那智勝浦観光機構」が全長約800メートルの白砂の浜や芝生がある海岸を新たな観光拠点にしようと企画。芝生に5張りのテント(定員4人)を設置し、中にベッドや冷蔵庫を置き、地元の海産物などのバーベキューも楽しめる。1泊2食付きで1人1万2千円から。12月13日までの期間限定。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング