首相、改憲巡る具体論は控える 敵基地攻撃は専守防衛内

共同通信 / 2020年10月5日 21時49分

首相官邸を出る菅首相=5日午後

 菅義偉首相は5日の内閣記者会インタビューで、憲法改正について「(衆参両院の)憲法審査会で各党が考え方を示し、与野党の枠を超えた建設的な議論をし、国民的な議論につなげたい」と述べた。具体的な進め方に関しては「首相としての立場で答えるのは控える」とした。安倍晋三前首相が改憲に前のめりな発言をするたびに、野党が反発した経緯を踏まえたとみられる。

 自衛隊の「敵基地攻撃能力」保有を巡り「日米の基本的役割分担を変えることなく、憲法の範囲内で国際法を順守し、専守防衛の下、検討を進める」と表明した。

 東京五輪・パラに向け「新型コロナ対策に万全を期し準備する」と強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング