台風14号、列島接近の恐れ 予報円大きく進路警戒

共同通信 / 2020年10月7日 0時54分

台風14号の5日先予想進路(6日18時現在)

 台風14号は7日、日本の南の海上をゆっくり進んだ。同日中には強い勢力に発達し、風速25メートル以上の暴風域を伴って南西諸島、西日本に接近する可能性がある。予想進路の範囲を示す予報円が依然として大きく、最新の進路予想に注意が必要だ。

 気象庁によると、台風14号は8日に沖縄・大東島地方に近づいた後、進路を次第に北へ変え、週末の9日以降は奄美から西日本に接近する恐れがある。

 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄25~29メートル(35~45メートル)、奄美、九州南部20~24メートル(25~35メートル)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング