タイ国王「王室愛する人が必要」 異例の映像、デモけん制か

共同通信 / 2020年10月17日 10時53分

タイ・ナコンパノムで市民に語り掛けるワチラロンコン国王(右から2人目)とスティダ王妃(右端)=15日(王室庁提供、共同)

 【バンコク共同】国営タイ放送は16日夜、ワチラロンコン国王が東北部ナコンパノムを訪れ、市民に「この国は国と王室を愛する人が必要だ」と語り掛ける異例の映像を報じた。学生らが続ける反政府デモには直接言及していない。王室改革を求める声が上がる中、これをけん制する意味を込めた可能性がある。

 国王は15日、元共産党員らと面会。かつてゲリラ活動に従事したものの、投降して恩赦を受けており「あなたたちは素晴らしい経験を持っている。それを国のために使い、若い世代にも伝えてほしい」と述べた。

 政府は首都バンコクに非常事態を宣言し、5人以上の集会を禁止した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング