リニア工事で知事に流量確保要請 地元3団体、静岡

共同通信 / 2020年10月20日 12時26分

川勝平太静岡県知事(左)に要請書を手渡す地元3団体の代表=20日午前、静岡県庁

 リニア中央新幹線の静岡工区トンネル工事により、大井川の流量が大きく減少する懸念があるとして、川の水を農業用水として利用する静岡県農業協同組合中央会など3団体が20日、同県の川勝平太知事に流量の確保などを求める要請書を手渡した。

 他に同県森林組合連合会と県漁業協同組合連合会。いずれも流量減少のほか、水質の悪化を懸念し、森林環境の維持・保全や、水産加工のための地下水利用に影響が出ないようにすることを求めている。

 県森林組合連合会の中谷多加二代表理事会長は「JR東海と命の水や産業を守るように協議してほしい」と訴えた。川勝知事は「広く理解を求めていく」と応じた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング