ウーバー、配達員資格を対面確認 外国人対象に在留証明

共同通信 / 2020年12月5日 6時14分

自転車で東京都内の街頭を走る「ウーバーイーツ」の配達員=4月、東京都新宿区

 食事宅配サービス「ウーバーイーツ」を運営するウーバー・ジャパン(東京)が外国人配達員に対し、在留の許可を証明する書類を対面で確認する方式を導入したことが5日、関係者への取材で分かった。従来は対面での手続きがなく、在留資格のない外国人による登録が相次いでいると指摘されていた。

 違法配達員はウーバー側も見抜けず、事実上、放置状態だった。対面審査導入で違法登録を防ぐ狙い。新型コロナウイルス流行で配達員は急増。帰国できず、労働も認められず、生活苦に陥った外国人留学生らの収入源になっていた実態もあり、混乱も予想される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング