羽生、宇野、紀平ら世界選手権へ フィギュア、来年3月

共同通信 / 2020年12月27日 23時55分

羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花

 日本スケート連盟は27日、フィギュアの世界選手権(来年3月・ストックホルム)代表を発表し、男子の羽生結弦、宇野昌磨や女子の紀平梨花らが名を連ねた。2022年北京冬季五輪の出場枠が懸かる。

 男女は各3人で全日本選手権優勝者が自動的に決まり、残りを全日本の2、3位、全日本終了時の世界ランキング上位3人などを満たした選手から選考した。ペアとアイスダンスは各1組。

 代表は次の通り。

 男子 羽生、宇野、鍵山優真▽女子 紀平、坂本花織、宮原知子▽ペア 三浦璃来、木原龍一組▽アイスダンス 小松原美里、小松原尊組

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング