ドゥテルテ氏長女が世論調査首位 フィリピン、22年大統領選

共同通信 / 2021年1月3日 16時27分

フィリピン・ダバオ市のサラ市長

 【マニラ共同】フィリピンの世論調査機関パルス・アジアは3日までに、2022年5月の大統領選で誰に投票するかの世論調査結果を公表し、ドゥテルテ大統領の長女で南部ダバオ市のサラ市長が26%で首位になった。同市のあるミンダナオ島では58%に上り、ドゥテルテ家の圧倒的な人気が示された。

 サラ氏はダバオ市独自の新型コロナ感染拡大防止策として、アルコール類提供の終日禁止や午後9時~午前4時の外出禁止など厳しい措置を導入しており、実行力が支持されたとみられる。

 ただサラ氏は結果公表後、「私を選択肢から外してほしい」と消極的な姿勢を示し、立候補するかどうかは不透明だ。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング