青森山田、昌平などベスト8進出 高校サッカー、堀越は初

共同通信 / 2021年1月3日 17時43分

帝京大可児―青森山田 後半、PKで4点目のゴールを決める青森山田・藤原=駒沢

 サッカーの全国高校選手権第3日は3日、東京・駒沢陸上競技場などで3回戦8試合が行われ、前回準優勝の青森山田はセットプレーを有効に使い、4―2で帝京大可児(岐阜)を下した。昌平(埼玉)は須藤らの得点で創成館(長崎)に3―0で快勝し、2大会連続で準々決勝に進んだ。

 堀越(東京A)は丸岡(福井)に2―0で勝って初の8強入り。5度の優勝を誇る市船橋(千葉)は仙台育英(宮城)に3―0で勝った。前回4強の帝京長岡(新潟)と矢板中央(栃木)や、富山第一、山梨学院も勝ち上がった。

 準々決勝は5日に行われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング