五輪中止で保険損失、3千億円も 国際行事で史上最大規模

共同通信 / 2021年1月28日 16時21分

 ロイター通信は27日、今年の東京五輪が中止された場合に、保険会社が被る損失が20億~30億ドル(約2100億~約3100億円)に上る恐れがあると報じた。関係者は国際行事の中止では史上最大規模になると指摘しているという。

 IOCと日本の主催団体が、再延期は選択肢にないとの見解で、今夏開催できなければ、中止の可能性が高いとしている。

 アナリストによると、東京五輪に掛けられている保険は約20億ドルで、さらに6億ドル程度が関連で掛けられているとみられる。IOCは通常の夏季五輪に約8億ドル、東京五輪大会組織委は6億5千万ドル程度の保険を掛けていると推計されている。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング