1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

進退懸かる横綱鶴竜が稽古再開 春場所へ、4場所連続休場

共同通信 / 2021年2月1日 18時21分

横綱鶴竜

 大相撲で4場所連続休場中の横綱鶴竜が1日、進退が懸かる春場所(3月14日初日・両国国技館)に向けて稽古を再開した。師匠の陸奥親方(元大関霧島)が明らかにし、四股などの基本運動で汗を流した。

 35歳の鶴竜は昨年11月場所後に横綱審議委員会から引退勧告に次ぐ重さの「注意」が決議された。1月の初場所も腰痛が回復せず3場所連続全休。置かれた状況はさらに厳しくなっている。

 陸奥親方は「体の詳しい状態は本人にしか分からないが、必死になってどんどんやっていくしかない。(春場所で)勝負しないといけないことは分かっていると思う」と話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング