カーリング松村・谷田組など4強 藤沢・山口組は敗退

共同通信 / 2021年2月27日 22時16分

1次リーグC組最終戦でショットを放つ松村(左)、谷田組=みちぎんドリームスタジアム((C)JCA IDE)

 カーリングの日本混合ダブルス選手権第5日は27日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで準々決勝が行われ、4強が出そろった。2連覇を狙う松村(中部電力)谷田(コンサドーレ)組は中嶋(中部電力)宿谷(TM軽井沢)組に9―6で勝ち、準決勝に進んだ。

 前回準優勝の藤沢(ロコ・ソラーレ)山口(SC軽井沢ク)組は、1次リーグ3位同士のプレーオフを勝ち上がった吉田夕(ロコ・ソラーレ)松村(コンサドーレ)組に6―7と屈して敗退。小穴(富士急)青木(札幌国際大)組、チーム柳沢も準決勝へ駒を進めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング