地場産品ないなら返礼品「創出」 泉佐野市、ふるさと納税で

共同通信 / 2021年3月2日 22時41分

熟成肉を見せる丸善食品の古谷雅弘社長=2日午後、大阪府泉佐野市

 大阪府泉佐野市は2日、クラウドファンディング(CF)型のふるさと納税で集めた資金を元に整備された熟成肉加工場を報道陣に公開した。市内外の事業者から返礼品のアイデアを募り、実際に生み出す取り組みの第1弾。丸善食品(大阪市)が熟成肉を提案し、市が施設整備の補助金を交付した。地場産品に乏しい他の自治体にも参考になりそうだ。

 事業者が考えた返礼品開発プロジェクトを市の特設サイトで紹介して寄付を募る方式で、目標額に到達すれば寄付額の4割を補助金として事業者に渡し、残りは返礼品の調達代金などに充てる。返礼品を充実させたい市が昨年10月から事業者の公募を始めていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング