1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

イージス艦8隻目「はぐろ」就役 海自、ミサイル防衛強化

共同通信 / 2021年3月19日 11時11分

停泊する海上自衛隊のイージス艦「はぐろ」=19日午前9時45分、横浜市磯子区(共同通信社ヘリから)

 海上自衛隊の新たなイージス艦「はぐろ」の引き渡し式が19日、建造元のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場(横浜市)で開かれた。弾道ミサイル防衛能力を備えた海自のイージス艦は、はぐろの就役で8隻目。北朝鮮のミサイル開発の進展を念頭に2013年12月、閣議決定した「防衛計画の大綱」で掲げた増強目標が整うことになった。

 海自によると、はぐろは、昨年3月に就役した最新のイージス艦「まや」型の2番艦となる。基準排水量8200トンで全長170メートル、最大幅21メートル。建造費は約1700億円。長崎県の佐世保基地に配備する。艦名は山形県の羽黒山が由来だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング