1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ハイチ大統領暗殺、容疑者を拘束 戒厳令下に、夫人は重体

共同通信 / 2021年7月8日 11時10分

7日、ハイチ首都ポルトープランスで、モイーズ大統領の私邸周辺を調べる治安部隊(AP=共同)

 【サンパウロ共同】モイーズ大統領が武装集団に暗殺されたハイチで、警察庁長官が7日、容疑者2人を拘束し、4人が警察に撃たれて死亡したと発表した。AP通信などが報じた。ジョゼフ暫定首相は15日間の戒厳令を宣言、空港を閉鎖し襲撃犯の特定や拘束を急いでいた。銃撃を受けたマルティヌ大統領夫人は米マイアミの病院に搬送された。重体だという。

 襲撃犯の正体などは不明だが、在米ハイチ大使館は公式ツイッターに「高度な訓練を受けた重武装集団による十分に計画された攻撃」と確認できるとの声明を載せた。

 容疑者拘束の際に警官3人が一時人質に取られたが解放された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング