1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

釜石で子ども復興五輪 地元ラグビー選手と交流

共同通信 / 2021年7月10日 12時29分

釜石シーウェイブスの選手らとボールのキャッチを練習する小学生=10日午前、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアム

 復興庁が主催する「子ども復興五輪」が10日、東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで開かれた。県内の小学生20人が、地元のラグビーのクラブチーム・釜石シーウェイブスの選手らからボール捕球やパス回しなどラグビーの技術指導を受け、交流を図った。

 選手らは「体ではなく手でしっかりボールをつかむように」とアドバイス。雨が降る中、小学生は声を掛け合って元気よく取り組んだ。

 スタジアムは、震災に伴う津波で全壊した小中学校の跡地に建てられ、2019年のラグビー・ワールドカップ日本大会の会場の一つとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング