1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

サンマ水揚げ、2番目の低さ 8月、「厳しい状況続く」

共同通信 / 2021年9月7日 8時34分

8月のサンマ漁の水揚げ量推移

 8月のサンマの水揚げ量が、過去最低だった昨年(約170トン)に次ぎ、約850トンと低かったことが7日、漁業情報サービスセンター(東京)のまとめで分かった。現在の漁場は北海道東方沖の公海と遠く、センターの担当者は「日本近海まで南下する9月下旬までは厳しい状況が続くだろう」と話している。

 8月の水揚げ量は2016年が約4030トンで、18年は約8890トンと右肩上がりだったが、19年に約910トンと激減していた。

 今期は7月から道東沿岸で流し網漁が行われたが1匹も取れず、例年より1カ月遅い8月19日に初水揚げとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング