1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

照ノ富士と貴景勝、全勝でトップ 正代は白星一つ先行、1敗が3人

共同通信 / 2021年11月20日 19時19分

妙義龍(手前)を攻める照ノ富士。小手投げで下した=福岡国際センター

 大相撲九州場所7日目(20日・福岡国際センター)横綱照ノ富士は平幕妙義龍を小手投げで危なげなく下し、初日からの連勝を7に伸ばした。大関貴景勝も隠岐の海を押し出して全勝を守り、トップは2人となった。

 大関正代は宝富士を寄り切り、連敗を2で止めて白星を一つ先行させた。関脇御嶽海は小結霧馬山を突き落として6勝目を挙げ、関脇明生は阿武咲にはたき込まれて4敗目を喫した。

 勝ちっ放しの照ノ富士と貴景勝を、1差で御嶽海と平幕の玉鷲、阿炎の3人が追う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください