1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

アフガンの危機「戦争後の必然」 タリバン報道官、日本に期待表明

共同通信 / 2021年11月21日 16時34分

共同通信と単独会見するタリバン暫定政権のムジャヒド報道官=20日、アフガニスタン・カブール(共同)

 【カブール共同】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権のムジャヒド報道官は20日、首都カブールで共同通信と単独会見、8月の権力掌握後、経済状況が悪化し食糧難などの人道危機が拡大しているのは「戦争が終わったばかりで必然だ」との認識を示した。「日本の戦後復興の経験を学び、国を自立させ経済発展させたい」と述べ、日本政府や非政府組織(NGO)がアフガンに入り協力することに期待感を表明。

 9月に始動した暫定政権の閣僚に女性はおらず大半は母体民族パシュトゥン人で、国際社会は包括的な政権樹立を求めている。報道官は「民族を基に選んだわけではない」と反論した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください