1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「ヒ素ミルク」森永を提訴、大阪 新たな症状、救済不十分

共同通信 / 2022年5月25日 16時22分

大阪地裁へ提訴し記者会見する、森永ヒ素ミルク事件での被害者=25日午後、大阪市

 1955年に発生し、1万3千人超が被害を受けた「戦後最大の食品中毒」とされる森永ヒ素ミルク事件で、脳性まひになった大阪市の女性(68)は25日、40歳ごろから首や手足の痛みなどの新たな症状が現れ、悪化し続けているとして、森永乳業(東京)に計5500万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。提訴の動きが広がれば救済の拡大につながる可能性もある。

 女性側は、症状が今も固定していないため損害が確定していないとして、不法行為から20年間で賠償請求権が消滅すると定める民法の「除斥期間」や時効は「成立していない」と主張している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください