1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

飛び込みで金戸、三上組「銀」 世界水泳、玉井も最年少表彰台

共同通信 / 2022年7月4日 6時34分

水泳世界選手権の男子高飛び込みで獲得した銀メダルを手に笑顔の玉井陸斗(中央)と、女子シンクロ板飛び込みで銀メダルの金戸凜(右)、三上紗也可組=3日、ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権最終日は3日、ブダペストで行われ、男子高飛び込みの玉井陸斗(JSS宝塚)と、女子シンクロ板飛び込みの金戸凜(セントラルスポーツ)三上紗也可(日体大)組がそろって、飛び込みの日本勢で初の銀メダルをつかんだ。

 前回大会まで日本の最高成績は、2001年大会で男子3メートル板飛び込みの寺内健(ミキハウス)らが獲得した銅メダル。飛び込み日本勢の通算メダル数は4個になった。

 15歳の玉井は日本勢最年少での表彰台。

 今大会の日本勢は競泳、アーティスティックスイミングと合わせ、07年大会の過去最多に並ぶ13個のメダルを獲得した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください