大会のグローバルアンバサダーに米レジェンドのトム・ワトソン氏が就任!

共同通信PRワイヤー / 2017年6月19日 21時0分

写真

記者会見(左から、近藤プロ、高岡社長、ワトソン氏、倉本会長、片山プロ)

6月19日(月)


「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権」PR事務局


大会グローバルアンバサダーにゴルフ界のレジェンド、トム・ワトソンが就任!


 ネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市:代表取締役社長兼CEO 高岡 浩三 以下ネスレ日本)は、本年8月17日(木)~20日(木)に開催される「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の開催に先んじて、同大会のグローバルアンバサダー就任記者発表会を千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉県野田市堤根167)にて開催しました。

グローバルな活躍を目指す日本男子プロゴルファーを支援することを大会意義として、2014年から3年連続で開催してきた「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」 。4年目を迎える今年は、より一層本大会を世界の舞台への第一歩として意義づけていくことを目的として、海外メジャー8勝、PGAツアー通算39勝の実績を誇る世界を代表するゴルフ界のレジェンド、トム・ワトソン(アメリカ)氏をグローバルアンバサダーに起用いたしました。


記者発表会では、高岡社長による主催者挨拶の後、倉本会長、片山プロ、近藤プロが順に登場。過去3大会に引き続き大会ホストプロを務める片山プロは、「昨年は意気込んで1回戦で負けてしまったが、昨年優勝した時松プロのように、調子のいい選手と直接対決ができるのを楽しみにしています。」と決意を語ると、3大会連続出場を果たし、昨年からネスレ日本の所属プロとなった近藤プロは、「昨年の準決勝で解説をしたときに、マッチプレーの波、流れに完全に乗っていた時松プロの勢いを感じた。今年は自分がその波に乗れるように頑張りたいです。」と、昨年を振り返るとともに、今大会への意気込みを語りました。続いて、トム・ワトソン氏のグローバルアンバサダー就任が発表されると、歓声の中、トム・ワトソン氏が登場。高岡社長をはじめとする登壇者全員と力強い握手を交わし、「今日の全米オープンでのHideki(松山英樹プロ)や、以前のAoki(青木功プロ)のように、海外に出ることで自分の真の実力や才能を試すプロを応援する大会の、グローバルアンバサダーに任命していただき大変光栄に思っている。日本のトッププレイヤーがマッチプレー形式で競い合い、頂点を目指す本大会は、まさに次のHideki(松山英樹プロ)やAoki(青木功プロ)が誰か、を決める大会だと思う。」と就任の喜びを語りました。また、「1億円という賞金額は出場選手にとっても良いモチベーションになります。私自身も10歳のころからマッチプレーをしてきましたが、当時祖父に教わったのは、『まずは自分と戦い、その次に、相手との戦い』という教えでした。対戦相手のプレーはコントロールすることができない。大事なのは、プレッシャーの中で自分のプレーに集中すること。そして、常に相手のベストショットを願うことで、相手にミスが出た際にはじめて選択肢が生まれ、勝利を呼び寄せることができる。1対1という真剣勝負を通じて、ゴルフの原点であるマッチプレーの魅力を味わってほしい。」、とマッチプレーの醍醐味を力強く語りました。

kyodopr

トピックスRSS

ランキング