ランセット委員会:認知症の3分の1は予防可能

共同通信PRワイヤー / 2017年7月20日 13時13分

ランセット委員会:認知症の3分の1は予防可能


AsiaNet 69337 (1075)


【ロンドン2017年7月20日PR Newswire=共同通信JBN】

*ランセットが認知症の予防、介入、ケアに関する国際委員会リポートをリリース

*米国立老化研究所(NIA)アルツハイマー病の健康格差に関する研究助成金を分担


ランセット認知症予防、介入、ケアに関する国際委員会(Lancet International Commission on Dementia Prevention, Intervention and Care)は20日、ロンドンの2017年アルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference)(AAIC 2017)に提出したリポートで、グローバルな認知症症例の3分の1以上が、個人のリスクに影響を与える生活習慣要因に対処することで予防できる可能性があると報告した。これらの潜在的に修正可能なリスク要因は、老後だけでなく、人生の多岐にわたる段階で確認されている。


ランセット委員会のリポートはAAIC 2017に提出されると同時に、ランセット誌にも掲載された。


AAIC 2017ではまた、米国立老化研究所(NIA)がアルツハイマー病の健康格差を調査するための最初の研究助成金を発表した。


アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)の最高科学責任者(CSO)であるマリア・カリージョ博士は「本日の調査結果は極めて有望である。個々のレベルでは、多くの人々が、簡単で健康的な行動変化を通じて、認知低下リスク、おそらくは認知症を軽減する可能性を持っている。公衆衛生の水準では、このエビデンスに基づく介入は、世界中のアルツハイマー病および他の認知症の人的および経済的コストを管理する上で極めて大きな影響を与える可能性がある」と語った。


アルツハイマー病協会は、最新の研究に基づいて認知症リスクを軽減するための実践的な指導を含む、「10 Ways to Love Your Brain」(あなたの脳を愛する10の方法)(http://www.alz.org/brain-health/10_ways-to-love-your-brain.asp )を提供している。


▽ランセット認知症予防、介入、ケアに関する国際委員会

kyodopr

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング