AI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」、音声検索をサポートする新機能を提供開始

共同通信PRワイヤー / 2017年9月14日 14時7分

写真

イメージ画像

2017年9月14日


NTTレゾナント株式会社


AI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」

音声検索をサポートする新機能「不要語の除外」を提供開始

~「価格.com」、会話型コマースを見据えて同機能を導入!~

https://searchsolution.goo.ne.jp


 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)が提供するAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」は、新機能「不要語の除外」を提供開始します。さらに、株式会社カカクコム (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:畑 彰之介、以下、カカクコム)の購買支援サイト「価格.com」に、同機能を含め「goo Search Solution」が導入されたことをお知らせします。


1.新機能「不要語の除外」について

 「不要語の除外」とは、入力キーワードから自動的に重要なキーワードを抽出する機能です。例えば、検索ボックスにユーザーが「防水のデジカメ」と入力した場合、不要な助詞「の」を削除し、「防水」「デジカメ」という重要なキーワードを自動的に抽出して検索結果を表示します。これによって、曖昧な言葉や状態を表す短文、修飾語がついた名詞を入力した場合でも、ユーザーの希望に沿った検索結果を表示することができます。

 「不要語の除外」では、NTTグループのAI技術「corevo® ※」のひとつである形態素解析技術を活用し、高い精度でキーワードを抽出することを実現しました。


2.「価格.com」への導入について

(1)導入背景

 昨今、チャットボットなど音声アシスタントの技術向上に伴い、ECサイトは会話型コマースへ移行が進んでいます。カカクコムではその対応を見据え、まずはWebブラウザの検索精度向上に向けた取り組みを検討していました。音声アシスタントによるECサイトでの検索は、従来のキーワード入力検索と異なり、曖昧な言葉や不要な言葉が多く含まれます。そこで、NTTレゾナントは音声検索への展開に対応できるよう、新たに開発した「不要語の除外」機能を含めた「goo Search Solution」の「価格.com」への導入を提案し、採用されました。


(2)主な導入内容

 今回、新機能「不要語の除外」の他、「表記ゆれ辞書」「同義語展開」(*1)など5つの機能が導入されました。「goo Search Solution」は「価格.com」のような大規模なアクセスが集まるサイトに対しても高速レスポンスを実現し、お客様の検索体験の向上をサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング