第14回 WFPチャリティーエッセイコンテスト2017 「おなかいっぱい幸せごはん」

共同通信PRワイヤー / 2017年10月13日 19時21分

写真

表彰式にて受賞者8名(前列)との記念撮影

2017年10月13日


認定NPO法人 国連WFP協会


10月16日は『世界食料デー』

第14回 WFPチャリティーエッセイコンテスト2017

 「おなかいっぱい幸せごはん」

世界の飢餓撲滅に向けて、全国から過去最多の1万9,075通の応募

-東京都、神奈川県、栃木県、大阪府、京都府の方々が入賞-


国連WFPは、今年も「WFPチャリティーエッセイコンテスト」を開催し、「おなかいっぱい幸せごはん」をテーマに作品を募集しました。

7月1日から9月8日の募集期間に寄せられた応募作品の総数は、過去最多の計1万9,075通にのぼり、それに伴う寄付協力企業からのご寄付は過去最高の228万9,000円に達しました。(応募1作品につき、途上国での給食4日分にあたる120円を、4社の企業に寄付いただく仕組み。)これにより国連WFPはおよそ7万6,300人の子どもたちに栄養価の高い給食を届けることができます。


最優秀賞である「WFP賞」に選ばれたのは、東京都・玉川学園高等部3年 岡田 萌(おかだ もえ)さんの「ありがとうの味」です。本作品では母子家庭で育った岡田さんが、お弁当を通して感じた母からの愛情と感謝の気持ちがつづられています。(別紙に全文掲載。)また今年は初めて、応募数が最も多い学校・団体に「WFP学校給食賞」を授賞することとし、1,235通の応募があった京都府の京都学園中学高等学校が選ばれました。


10月13日には、世界の食糧問題を考える日である『世界食料デー(10月16日)』に向けて表彰式を開催。プレゼンターとして、音楽評論家・作詞家の湯川れい子さん(国連WFP協会顧問)、オテル・ドゥ・ミクニオーナーシェフの三國清三さん(国連WFP協会顧問)、本田亮さん(クリエイティブディレクター・環境マンガ家)も会場に駆けつけ、受賞者8名(WFP学校給食賞は代表者)をお祝いすると共に、皆で飢餓撲滅への思いを新たにしました。


【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136840-O1-v7v214i1

湯川れい子国連WFP協会顧問


【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136840-O2-784dN2nb

表彰式にて受賞者8名(前列)との記念撮影



◎入賞作品7点および審査員の広瀬すずさん、竹下景子さん、三浦雄一郎さん、湯川れい子さん、三國清三さん、本田亮さん達の各コメントは、 www.wfpessay.jp/2017 に掲載しています。また表彰式での受賞者のコメントをまとめたものを別紙に掲載いたします。是非ご一読いただき、貴媒体でのご紹介を検討いただけますようお願いいたします。

kyodopr

トピックスRSS

ランキング