資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ グローバルブランドフェースとしてフェリシティ・ジョーンズが登場

共同通信PRワイヤー / 2017年11月15日 15時15分

写真

Dave J Hogan/Getty Images

2017年11月15日


株式会社 資生堂


資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ

グローバルブランドフェースとしてフェリシティ・ジョーンズが登場


報道関係者各位

プレスリリース 2017年11月15日


資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ

グローバルブランドフェースとしてフェリシティ・ジョーンズが登場


資生堂グループのハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」は、新しいグローバルブランドフェースにアカデミー賞ノミネート女優のフェリシティ・ジョーンズを迎えました。彼女は、著名な英国人カメラマンのディビッド・シムズ氏の撮影による2018年1月公開の春夏広告キャンペーンに登場します。


「クレ・ド・ポー ボーテの重要なミッションのひとつは、私達のブランドがお客様にとって『かけがえのない人生の一部になっている』と感じていただくことです。フェリシティは憧れの存在であり、クレ・ド・ポー ボーテの顔として大きな共感を得られる人です。妥協なき精神を持ち、知性があり、この上なく美しい、というブランドのDNAを体現しています。そして仕事に対する情熱と献身によって、世界中に、まわりの人々に、絶大な影響を与えているのです。」(クレ・ド・ポー ボーテ ブランドディレクター 鈴木ゆかり)


ジョーンズの名が一躍知られるようになったのは、「博士と彼女のセオリー」(ジェイムズ・マシュー監督)の中で、エディ・レッドメインの相手役を務め、アカデミー賞、BAFTA、SAGそしてゴールデングローブ賞にノミネートされた事です。最近では、ギャレス・エドワーズ監督のスター・ウォーズストーリーのひとつ「ローグ・ワン」の主役を務め、2016年12月に全世界で公開され、興行収益は10億ドルを上回りました。オックスフォード大卒という経歴も持つスター女優の次なる挑戦は、アメリカ合衆国史上二人目の女性最高裁判所判事として、平等な権利の為に奮闘する、ルース・ベイダー・ギンズバーグの伝記映画「On the Basis of Sex」。そしてルカ・グァダニーノ監督による古典バレエを映画化した「白鳥の湖」のヒロインが控えています。


フェリシティ・ジョーンズのコメント

「私にとって大切なのは、いかなる時も、私自身の価値がブランドとぴったりとあっているという事です。クレ・ド・ポー ボーテは、私の主義や生き方、仕事に対する献身的な姿勢が、ブランドがこれから目指していくべき姿と重なっています。2018年春夏の広告キャンペーンに出演できたことをとても誇りに感じ、それが世界に公開されることが待ちきれません。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

トピックスRSS

ランキング