Desktop Metal社と代理店契約を締結 金属3Dプリンター「Studio システム」の取り扱いを開始

共同通信PRワイヤー / 2018年2月15日 10時55分

写真

【Studio システム 製品外観】Studio3Dプリンター

2018年2月15日


丸紅情報システムズ株式会社


Desktop Metal社と代理店契約を締結

金属3Dプリンター「Studio システム」の取り扱いを開始


丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、金属3Dプリンターメーカーの米国Desktop Metal, Inc.(以下、Desktop Metal)と代理店契約を締結しました。Desktop Metal製の金属3Dプリンター「Studio システム」の国内における取り扱いを開始します。


Studioシステムは、MIM(*1)のプロセスを応用して金属材料での造形を実現する3Dプリンターです。金属粉末と熱可塑性のバインダー(結合樹脂剤)を混合した材料を積層して造形するFDM方式(熱溶解積層方式)の「Studio 3Dプリンター」と、バインダーを脱脂(*2)する「デバインダーステーション」、高温で加熱し金属粉末を溶融結合させて焼結体をつくる「ファーナス(焼結炉)」の3つの機器でシステム一式を構成します。材料は金属粉末に樹脂を練りこんだ棒形状で供給されるため、金属粉末が飛散し粉塵爆発を引き起こす危険性がなく、金属紛体をレーザーやビームで焼結・溶融する方式の金属3Dプリンターのように専用のクリーンルームに近い環境を用意して窒素封入や静電気対策を行う必要がありません。また、サポート部分とモデル部分の接地面に融点の高いセラミック粉末を押し出すことで金属同士の結合を防ぎ、手や工具で簡単にサポート部分を除去できるため、ワイヤー放電加工機や切削機などによるサポート除去の後加工が不要です。


近年、部品の軽量化が求められる中、CADデータによる設計と金属3Dプリンターによる造形の組み合わせは、部品点数の削減で軽量化を実現する一つの方法です。しかしながら、金属3Dプリンターは機器の価格が高額なうえに設置環境の整備にも費用がかかるため、航空宇宙業界の一部や大企業の研究用途に利用範囲が限定されていました。これに対してStudio システムは製品価格が他の金属3Dプリンターと比較して安価であり、さらに設置環境の整備に高額な費用をかける必要がなく、広く製造業への普及が期待できます。


MSYSは、1992年より25年間にわたり日本国内で樹脂を造形材料とするFDM方式の業務用3Dプリンターを販売・サポートしてきました。現在、社内に総勢59名(うち技術者34名)の3Dプリンター専任体制と全国をカバーするサポートネットワークを擁しており、業務用FDM方式3Dプリンターの累積販売台数は2300台を超えます。FDM方式について多くの実績と知見・技術力を蓄積しており、FDM方式であるStudio システムにもこれまで培った知見と技術力を生かすことが可能です。サポート除去の後加工機や、厳しい条件の設置環境を必要としないStudio システムは、航空宇宙業界や自動車部品メーカーの小物部品、産業/工業技術センターや大学などの研究機関、鋳造品の置き換え、サービスビューロー向けの試作から小ロット生産に適しており、MSYSはこれらの業界を中心にStudio  システムの販売を展開していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

トピックスRSS

ランキング