俳優 北村匠海さん出演・MONGOL800のキヨサクさんが作曲の新CMがスタート

共同通信PRワイヤー / 2018年6月15日 0時0分

写真

2018年6月15日


日本たばこ産業株式会社


俳優 北村匠海さん出演・MONGOL800のキヨサクさんが作曲の

新CMがスタート

たいせつな人への想いを歌にするJTの新企業広告『想うた』シリーズ


6月15日(金)から全国で放映開始

日本テレビ系列『アナザースカイ』では、放送500回を記念して

スペシャルバージョンを限定放映!


 日本たばこ産業株式会社(以下JT、本社:東京都港区、代表取締役社長:寺畠 正道)は、新企業広告『想うた』シリーズをスタートいたします。このシリーズでは、とある一人の若者を主人公に、人と人がお互いに想い合う気持ちを、オリジナル楽曲に乗せて伝えていきます。

 第一弾「想うた 親を想う」篇では、人気若手俳優の北村匠海(キタムラ タクミ)さんが、地方から上京して働く新社会人を演じています。主人公の親への想いを、MONGOL800のキヨサク(Vo&Ba)さんが歌い上げます。シンプルで心にストレートに届く歌詞で人々の気持ちを動かすCMに仕上がっています。

 『想うた』シリーズスタートにあたり、JTの提供番組『アナザースカイ』の放送500回を記念して、6月15日(金)限定でスペシャルバージョンを放映いたします。スペシャルバージョンは、60秒・30秒CMよりも、登場人物の心の動きを丁寧に描いた作品となっています。CMは全国で放映開始。また、スペシャルサイトでは、全てのムービーをご覧いただけます。


『想うた』スペシャルサイト https://www.jti.co.jp/omouta/?utm_source=release

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806134978-O1-B1Ppt8tc


■新企業広告『想うた』シリーズについて

 JTは、「ひとのときを、想う。」という企業思想のもと、「かけがえのないひととき」や「大切な時間」を想う企業だからこそ生み出せる価値を、お届けしたいと考えています。人が人を想うこと。自分のことだけではなく、人の気持ちを想像し、想い合い、認め合うこと。いま望まれているのは、そんな世の中なのかもしれません。そこで、たいせつな人への“想い”を“うた”にのせて届ける新企業広告『想うた』シリーズを展開します。


■第一弾「想うた 親を想う」篇の見どころ

● ストーリー:“北村匠海さん演じるクールな新入社員が、親を想う”

kyodopr

トピックスRSS

ランキング