【公表のお知らせ】アジア国際送電網研究会 第2次報告書

共同通信PRワイヤー / 2018年6月14日 14時8分

写真

アジア国際送電網研究会 第2次報告書 イメージ

2018年6月14日


公益財団法人 自然エネルギー財団


【公表のお知らせ】アジア国際送電網研究会 第2次報告書


公益財団法人 自然エネルギー財団は、日本を含むアジアでの国際送電網実現に向けて検討した「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」を公表しました。

この第2次報告書では、日本-韓国、日本-ロシア間の国際送電線ルートを具体的に検討し、建設費の試算と収益計算を行いました。日韓間、日露間の国際送電線の建設費試算が行われ、公表されるのは日本で初めてのことです。

自然エネルギー財団は、この「第2次報告書」をきっかけとして、日本を含む北東アジアでの国際送電網の実現に向け、活発かつ具体的な議論が起きることを期待します。


▶報告書全文および概要資料はこちら


<報告書概要>

本報告書では、第1章で、2017年以降の北東アジアにおける国際送電網実現に向けた各国の動き、日本における電力市場改革の進捗状況を整理しています。

第2章では、2017年9月に行った当研究会による現地視察を踏まえ、国際的な電力取引に100年以上の歴史を持つ米国とカナダの国際連系の事例を検討しました。米加間では、ニューヨーク州など、州政府の主導で、隣国カナダの自然エネルギー(水力や風力)による電気を輸入し、地域の再生可能エネルギー比率を向上させるプロジェクトが複数進行しています。

第3章では、日露・日韓の国際連系のための、具体的な海底送電線ルートの検討を行い、選定したルートごとに海底送電線の建設に係る費用の計算を行いました。

さらに第4章では、国際連系線を活用したビジネスによってどのように投資コストの回収ができるのか、収益性計算を行うとともに、国際連系から得られる社会・環境面での多様な便益を検討しました。また日本で国際連系線を活用した事業を行うための法制度について、既存のライセンスで行う可能性を整理したうえで、国際送電事業ライセンスを新設するという将来的な可能性も検討いたしました。


<目次>

はじめに

第1章:最近の国際送電網と電力システム改革を巡る状況 

第2章:北米における国際送電網への取り組み

第3章:日露・日韓の国際連系線の建設ルートと建設費用

第4章:国際連系線のビジネスモデル・便益と法的枠組み 

おわりに


<アジア国際送電網研究会>

2016年7月に、電力系統やエネルギー政策の研究者、自然エネルギーの専門家、関連する企業関係者などをメンバーとして設置され、自然エネルギー財団が事務局を務めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
kyodopr

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング